読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

大学生活を振り返って

<p>今週のお題「卒業」</p>

長いようで短かった大学生活ももう終わりだ。

4月からは社会人生活の始まりである。

なので、これまでを振り返ってみる。

私の大学生活は振り返ってみれば、

サークル中心の生活と最低限の勉強と

申し訳程度のアルバイトでした。

私が入っていたサークルはダンスサークルで、

入った当初は友達作りと

踊れたら少しはかっこいいかなと思う程度だった。

活動は週に1回か2回、先輩からのレッスンで基礎を

教えてもらうくらいでした。

そこから2ヶ月ほどで1年生だけで踊る

初めてのステージ発表。

緊張しながらも下手くそなりに一生懸命踊りました。

踊り終わると観客の人達からの拍手と

先輩からの

「お疲れ様。かっこよかったよ」

のお言葉。

とても嬉しかったし、踊ってる最中も楽しかった。

もう、本格的に嵌りました。

もっと上手に踊りたい、色んなコンテストやイベント

に出て結果を出したいと思いました。

そこから先輩のレッスンだけだった練習を

毎日の自主練を含めて沢山やりました。

分からないことは先輩に聞いて、

色んな技や踊り方を知るためにyoutubeやDVDで

毎日動画を見て研究しました。

一緒に練習をする仲間にも恵まれてチームを組んで

初めて出たコンテスト。

テスト期間に皆で試行錯誤しながら作った振りを

毎日体が動かなくなるまで練習したその結果。

優勝とまでいかなかったが、審査員の方から

賞をもらうことができて、

本当にやってきてよかったと心の底から思いました。

気づけば、大学生活の中心はダンスになっていた。

皆でイベントを運営したり、

ダンサーの方のレッスンに通ったり、

県外に出て活動したりもしました。

勿論、たくさん遊びもしました。

あまりにも書くことが多すぎるので省きますが

間違いなく最高の大学生活でした。

何より、大学生活の中であんなにも熱量のある

活動をすることができて良かったです。

たくさんのことを学ばせてもらったし成長できた。

生涯関わりあっていたいと思える人達ができた。

とても価値あるものでした。