読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

英語を話せるようになりたいので勉強することにした。

英語を話せるようになりたい。 英語の勉強は受験のたびに本気になって取り組んできた。 そこそこ単語や文法を覚えてきた自負はあるし、 リスニングも少し聞き取れる。 しかし、全くと言っていいほど話せない。 これっぽっちもだ。

おもいでのケータイ

特別お題「おもいでのケータイ」 私のおもいでのケータイは青春時代でもある 中学二年生の頃に買ってもらった携帯だ。 2005年auから発売されたW32Hである。

とりあえずやってみる。

私はやりたいと思ったことや他人に勧められたことがすぐにできる環境にあるならば とりあえずやってみる。

社会人の働き方。

私が社会人になるということを考えた時に どういう風に働くのが理想なのかということを自問自答した。 本当の理想を言うならば、残業なしの有休消化100%で高給取りである。

大学時代のお勧めできない遊び方

私が大学生のときは今のうちしかできないと思って様々な遊びをやりました。 その中でもとても楽しかった。 しかし他人にはとてもではないが お勧めできない遊びが2つあったので書いていきます。

先輩が気にかける後輩。後輩が慕い尊敬する先輩。

大学生活では交友関係に恵まれた。 尊敬する先輩がいて 可愛がってる後輩がいて なんでも相談できる同輩がいた。

怠けるのは行動の最小分割ができていないからだ。

私は普段から怠けて行動できない人間である。 学生時代の私は 朝起きるところからご飯を食べるのすら 億劫になることが多々あるし 勉強をしなきゃと思いながらネットサーフィンしたり ごろごろしているとその日が終わっている 何てことは日常茶飯事であった。…

親への感謝と親からの感謝。

先日、偶然ではあるがとあるコンサートのチケットを入手する機会があった。 私はあまり興味がなく親に聞いてみたら 行ってみたいとのことだったのでそのままチケットを手配して送った。 ==== その親からコンサートの感想を聞いたら 「感動した。本当にありが…

社会人として頑張っていきたい。

前回の記事では大学生活について簡単に書かせてもらった。 今回は社会人になって頑張りたい事について書きたいと思う。 最初に結論から言わせてもらうと、仕事の勉強と私生活の充実だ。

大学生活を振り返って

<p>今週のお題「卒業」</p> 長いようで短かった大学生活ももう終わりだ。 4月からは社会人生活の始まりである。 なので、これまでを振り返ってみる。

新しい発見をしたときのあの感覚がたまらなく好きだ。

私は散歩をするのが好きだ。 昼間の通学やどこかの目的地へいくのとは違う、ただ気の向くままに行きたいほうへと 散歩する。

自分の給料の使い道 貯金はどれくらいできるのか。

四月から社会人になる私の給料は、寮費と保険や税などの費用を抜いて 手取りで18万円程らしい。 ここから普段の自分の生活をみて月に何に使うか考えてみると、 いくら貯金できるか見えてくるだろう。

我が家には鳥がいる。

私の家は鳥を何十羽も飼っている。 オウムとかインコとか 鳥のことは全然分からないが、人間がしゃべる言葉を真似する鳥とかその他色々だ。 この鳥、一番最初に我が家に来たのはもう10年以上前になる。

就活は自己分析の突き詰めだった気がする

そろそろ18卒の就職活動が始まるということで 少しでも18卒の人たちへの参考になればという意味も込めて 自分の就活を振り返ってみる。 結論から言うとタイトルに書いている通り 徹底した自己分析がカギを握っていた気がする。 就活ではやることがたくさん…

特に覚えているのはエイリアンごっこ

今週のお題「何して遊んだ?」 子供のころに遊んだなかで特に印象深かったエイリアンごっこについて書こうと思う。 一言でいうと鬼ごっこのエイリアンバージョンである。 これだけ聞くと 「何が面白いの?」 となるが、これが当時はなかなかに嵌った。

ブログはなかなかに素晴らしいのではと考えた。

四月から東京で社会人として新生活が始まる。そこで、何か新しい趣味を始めてみようと思い至った。 筋トレや読書、バイクや料理にetc…、様々なことが思い浮かんだが、結局ブログにした。 ブログなんか柄ではない。それは自分が一番わかっている。文章を考え…