読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

社会人の働き方。

私が社会人になるということを考えた時に

どういう風に働くのが理想なのかということを自問自答した。

本当の理想を言うならば、残業なしの有休消化100%で高給取りである。

しかし現実にこのようなことは、私の能力や今の日本の体制を考えても

到底無理である。

 

なので、選択肢は大きく分けて二つだ。

 

一つ目は、残業なくまったり働く。もちろんそれに見合った、同世代と比べると平均より少ない程度の給料をもらう。

生活には困らないし、節約すれば貯金も最低限できるし

趣味なんかにもお金を使うことができる。

ただし、趣味の選択肢はお金のかからないものや一つだけといった制限ができる。

 

お金のかからない趣味をたくさん持っているやプライベートの生活を重視し、

仕事に楽しみを見出せない人ややりがいを感じない人には最高だろう。

 

二つ目は単純に逆である。残業もたくさんあるがそれに見合った高給取り。

もちろん生活には困らないし、日々の食事や趣味にたくさんのお金を使うことができる。生活の質が同世代と比べても高くなる。

ただし、プライベートの時間をたくさん摂ることは難しいだろう。

 

仕事にやりがいを感じたり、お金のかかる趣味をもっていたり

欲しいものがたくさんあったりする人はこちらの方が良いのかもしれない。

 

 

この二つのどっちが私は良いのだろうか。

考えた。

入社する会社の仕事は、自分が大学生のころからやりたいと思った仕事である。

仕事のために勉強することや残業することはそれに見合った報酬を受け取れれば

全然大丈夫だと考えている。

昇給や出世にも興味はあるし、仕事に慣れてきたら大規模な案件にも取り組んでみたいと思っている。

 

一方で、たくさんの趣味にお金や時間をかけたいと思う自分もいる。

お酒は好きだからいろんな種類のお酒を飲み歩きたいし、本を読むことも好きだから

たくさん買いたいし読む時間も欲しい。

また、冬になればスノーボードの季節だ。

ボーナスをつぎ込んで一式揃えてスノボーにいきたいとも思う。

それに今まで手を出してこなかったジャンルの趣味をやってみたいとも考えている。

 

結論として、どちらもそこそこの方が良いと心底思った。笑

 

月の残業が平均40から60時間程度で効率よくやればプライベートにも十分時間を

取ることができるような生活が私の一番の理想だ。

 

会社で実際に働くことになったら考え方は変わるかもしれないが。

 

 

仕事人間になり休みなんか全然取れない状態になれば、

ストレスを抱えすぎてダメになるだろうし

プライベートを重視しすぎて遊んでばかりでは

仕事に熱が入らず私生活もだらけてしまいそうだ。

 

私自身の性格を加味しても仕事とプライベートを両立できるような

働き方が一番だと改めて感じた。