読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

大学時代のお勧めできない遊び方

私が大学生のときは今のうちしかできないと思って様々な遊びをやりました。

 

その中でもとても楽しかった。

しかし他人にはとてもではないが

お勧めできない遊びが2つあったので書いていきます。

1つ目、昼から昼まではしご酒。

 

大学生になってサークルの仲間や学部の友達と

飲み会なんかやることはあると思いますが

(勿論お酒は20歳から)

ふと、サークルの仲間と

「どれだけ酒を飲み続けられるかやってみよう」

という馬鹿な発想の元に行いました。

 

他の大学生や社会人の人が仕事や授業に励んでいる間

昼間から飲むという行為。

 

昼間にはほろ酔い程度だったが

夜に3軒ほどはしごし、べろべろになりクラブで踊り明かし朝から公園でコンビニで買った酒を飲んで

語り明かしました。

 

結果的に楽しかったのですが

寝た後からの後悔はその楽しさの倍以上のものでした。

まずは、ひどい頭痛と吐き気。

起き上がろうにもうまく起き上がれず、

水を飲んだそばからリバース。

 

あまりのきつさに風呂場で熱々のシャワーを浴びながら正座しながら懺悔し続けました。

何に対しての懺悔かは分かりませんが、

その間も勿論盛大に吐いています。

出てくるのは胃液だけですが。

 

結局、1時間ほどシャワーを浴びて、

改善の兆しが見えずまた水を飲みながら吐き、

寝て起きて吐き、寝て起きて吐きを繰り返した1日でした。

 

これで終わりなら良かったのですが、

その後も苦しめられました。

 

後から気づいたのですが

あの日1日に使った金額は2万円ほど。

大学生としては死活問題の金額です。

その月は極貧の生活を強いられることになりました。

 

勢いだけでやって後には後悔しか残りませんでした。

お酒を飲む場合、容量を守り飲まれないように。

使う金額は事前に決めておき、

飲みすぎないようにしましょう。

 

 

2つ目、車での一泊三日のスノボ旅行。

 

 

私は1シーズンに3.4回程スノーボードに行っていたのですが、そのうち1回は一泊三日で行ってました。

なぜ、一泊三日なのかと言うと出発が前日夜の22時ほどなんですね。

 

私の地元から大型のスキー場までの距離を考えると8時間ほどかかるので前日の夜から出発するしかないんです。

 

勿論車を運転するわけですから徹夜です。

行きの車の中はゲームや色んな話をして盛り上がります。

実際にスキー場についてからも視界一面雪ですから

眠気なんかありません。

滑るのはとても楽しいですし。

 

滑り終わり、旅館に向かいます。

美味しい食事に体の疲れを癒す温泉。

最高です。このまま寝て翌日の三日目に備えて寝ていれば、ですが。

後から考えれば、ここで選択肢を間違えました。

 

せっかくの泊まりだからと朝まではしゃいでしまったわけです。

 

ゲームしたり麻雀したりとしているうちにあっという間に朝になりました。

徹夜でのスノーボードの始まりです。

 

なんだかんだ疲れた体に鞭打ちながら

ボードを履いて滑れば、やはり楽しいです。

なんちゃってグラウンドトリックなんかも練習したりして。

途中休憩なんかもしましたがほぼ夕方まで滑り切りました。

 

「いやー、楽しかったな。また来たいね」

なんか友達と話しながら帰るための準備です。

 

ここでやはり三日間の疲れが出てくるんですね。

とても眠くなります。

しかし、現実は今から車で帰らなければなりません。

片道8時間。家に着くのは夜中の12時程です。

 

勿論友達全員運転免許は持ってますしそれなりに運転歴もあります。

しかし、ここから運転するのは流石にきつい。

4人でいっても1人2時間は運転しなければならない。

 

しかも助手席の人は運転する人が眠らないように話し相手になったりしなければいけないから大変です。

 

しかも私はじゃんけんで負けて最初の運転係でした。

 

皆は勿論ぐっすり夢の中です。

助手席の友人も最初は頑張って話しかけてくれていたのですが、睡魔に負けて途中退場。

 

私が寝たら全員あの世行きですから寝るわけにはいきません。

こまめにコンビニに寄っては顔を洗い、ガムを噛み、コーヒーをのみました。

何度楽になろうと考えたことか。

 

結局1人で4時間ほど運転したのち、限界を感じて友達を起こして交代してもらいました。

そのあとは起きたから家の前でした。

あの時ほど眠気を我慢して、1人で奮闘していたときはありません。

大学でレポートや研究で徹夜したときも

体を動かした疲れなんかはありませんから別格でした。

 

書いてみるとスノボ自体は関係なく、車で行く旅行は計画的にし、

十分休憩を取るべきということですね。笑

 

 

他にも幾つかありますがこの2つは楽しかった分断トツできつかった思い出です。

 

 

大学のうちにしか出来ないことは多々あると思いますがきちんと計画してからやる方が後悔は少なく済むでしょう。