読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

社会人として頑張っていきたい。

前回の記事では大学生活について簡単に書かせてもらった。

 今回は社会人になって頑張りたい事について書きたいと思う。

 

最初に結論から言わせてもらうと、仕事の勉強と私生活の充実だ。

やはり、社会人になるからにはこれまでのように遊んでばかりはいられないと思う。

大学では明確な答えのあるテストやレポートをやっていれば単位は貰えて

卒業まで保証される。

 

が、社会人になれば行動には責任が伴うし、やるべき仕事には明確な答えがない。

事務仕事であればそうではないが私の職種の場合

直接顧客から話を聞いてなるべく要望に従ったものを作らなければならないのだ。

 

そこには模範解答など存在しないし、教えてくれる人もいない。

自分で考えて顧客の満足のいくものを作らなければならない。

 

そのためには、日々その業界の事や新しい技術、顧客の情報を理解できるように

勉強しなければならないと思う。

 

なので最低でも仕事が終わった後に1時間勉強する時間をとりたい。

土日もできれば2時間ほどだ。

少ないかもしれないが、年間に直せば馬鹿にはできないし、

こういう毎日の積み重ねが後々聞いてくる。

これは何に対してもそうだと思う。

とにかく仕事では、自分の時間を使って他の人と差をつけられるように頑張りたい。

 

もうひとつ。私生活の充実だ。

1日のルーティーンは社会人になればほぼ変わらなくなると思う。

 

朝起きて、ご飯を食べて支度して。

仕事に行って帰ってきてご飯を食べて、やりたいことをして風呂に入って寝る。

週末にたまに飲みに行く。

細かい行動を挙げればもっと沢山のことをしているはずだが、

上の行動をしている人が大半だろう。

このルーティーンは社会人になってから40年ほど行うことになる。

 

こう文字にしてみると恐ろしいものだ。

私ならこの繰り返しの毎日には耐えられない。

何のために仕事をして生きているのか分からなくなる。

だから、だ。

私生活の充実、ルーティーンの中に新鮮な行動をとり日々を

活きていると思えるような趣味や活動をしていきたい。

 

そのために人付き合いは大切にしたいし

日々色んなことに挑戦していけるように目を光らせて生活を送りたい。

 

 

勿論ここで決意表明をしたからといって何かが変わるわけではないので

実践していくのみだ。

豊かな人生を送れるように。

そのための労力と金は惜しまない。

 

大変かもしれないが仕事の勉強と私生活の充実。

どちらも、社会人として頑張っていきたい。