読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゆる考

書きたいことを書きたいときに書く雑記帳。

新しい発見をしたときのあの感覚がたまらなく好きだ。

私は散歩をするのが好きだ。

 

昼間の通学やどこかの目的地へいくのとは違う、ただ気の向くままに行きたいほうへと

散歩する。

気の向くままになんとなく進んでいく。

どこかへ行きたいわけでもないから、ただ前を見るのではなくきょろきょろと

辺りを見回しながら。

そうすると、普段では気づかないようなことに気付く。

 

こんな店があったのか、

曲がり角なんかあったのか

あの家は犬を飼っているのか。

 

とにかくいろんなことに。

 

この新しい発見があるからこそ、散歩をするのがたまらなく好きだ。

普段自分が通っているはずの道でも毎度、未知と遭遇へと変わる。

 

これがとても面白いもののように感じられる。

 

うまく言えないけれど、

自分があることで行き詰ったり、考えがまとまらないとき。

私は最初に戻り、違う視点から考え直したり、思考を寄り道させたりする。

 

そうすると、今まで見えていなかったものが見えてきて、

新たに何かを閃くことで解決に導けることが多い。

解決に導けたとき、自分が少し成長した気持ちになる。

この感覚に似たものを、ただ気ままに頭を使うことなく散歩をするだけで

得ることができる気がする。

何かが成長したような。あたかも閃いたような。

 

もちろんただの散歩でそんなわけはないのだから、錯覚にすぎないのはわかっている。

 

ただその錯覚を求めて今日も夜に散歩をする